紅葉背景の親子の写真

セルフ写真撮影のコツ 〜子供と二人編〜

はじめに

先日、12月下旬に1歳5ヶ月の子供を連れて公園に散歩に出かけた時の事です。まだ紅葉が残っている場所があったので、セルフタイマーを使用して記念写真を撮ってみました。

こんなロケーションのところで

紅葉の写真

カメラを三脚に取り付けてセルフタイマーで撮影をしました。

紅葉の写真

オートフォーカスで自動でピントを合わせる様に設定して撮影したところ・・・

 

 

紅葉背景の親子の写真

この様に背景にピントが合ったボケボケ写真になってしまいました。

私の使用しているカメラは、人物の顔や瞳を自動で認識する機能や、シャターを切るタイミングでピントを合わせる機能がついているのですが、それらを使用してもご覧の結果でした。

ピントを合わせる方法

ではどの様にしてピントを合わせたかというと、

足元に石を置いてそこにピントを合わせて撮っただけ

です。

詳しく説明をさせて頂くと、

 

1 まずフレーミングと人物の立ち位置を決める。

カメラの位置と被写体である自分の立ち位置を決めます。

2 立ち位置のちょっとだけ奥に目印を置く。

今回は石ころにしました。ちょっとだけ奥というのがポイントです。

3 カメラを下に向けて目印にピントを合わせる。

横方向は固定したまま、縦位置のみ動かしてカメラを下に向け今回の目印である石ころにピントを合わせます。

紅葉の写真

4 カメラを元のフレーミングに戻す。

目印にピントが合ったらカメラ位置を元に戻します。

5 フォーカスモードをマニュアルにする等をしてピントを固定する。

オートフォーカースモードにすると、シャッターボタンを押した時や、シャッターが切れるときにピント位置がズレてしまう可能性があるので、マニュアルモードにしてピント位置が動かない様にします。

6 カメラをタイマー撮影モードにしてスタート。

私は10秒タイマーで撮影しました。

紅葉背景の親子の写真の撮影風景

7 タイマーが切れる時間を数えながら、立ち位置に移動。

シャッターボタンを押してタイマーをスタートさせたら「10,9,8,7…」とタイマーが切れる時間をカウントしながら立ち位置にダッシュします。  

紅葉背景の親子の写真の撮影風景

今回の撮影は上半身だけしか写さないので、目印を置いたまま撮影をしましたが、全身を写す場合は目印が写ってしますので、このタイミングで映らない位置に目印を投げる等して移動させましょう。

 
8 タイミングに合わせて子供の機嫌をとりながら子供を持ち上げる。

紅葉背景の親子の写真の撮影風景

9 ピントが多少前後にずれている可能性があるので、念の為ちょっと前、ちょっと奥の写真を何枚か撮っておく。

念の為にカメラに対して少し手前と、少し奥の立ち位置で数枚撮っておきましょう。

10 撮れた写真を拡大してピントの確認。

まとめ

紅葉背景の親子の写真

紅葉背景の親子の写真

紅葉背景の親子の写真

 

この様な方法で撮影すればセルフ撮影でもばっちりとピントの合った写真を撮る事が出来ます。

もちろん子供と一緒じゃなくても、1人のソロ写真でもこの方法で撮影しています。

 

以上です。

また次の記事でお会いしましょう。

福岡の出張撮影は「RYO PHOTO」まで!!

https://ryophoto.com

 

ちなみに今回の内容はyoutubeにもアップしていますので、よかったらご覧になって下さい!!

 

 

関連記事

  1. ブログ用のライトスタンドの写真

    「ライトスタンド風ですぐ倒れる問題」 対策方法!!

  2. 高良大社の風景写真

    スマホ・一眼カメラでタイムラプス動画に挑戦!!

  3. 全身写真 表紙

    【スマホ写真講座】全身写真編

  4. 三脚紹介の写真

    三脚の購入検討時の参考に!!三脚の種類と特徴の解説 

  5. クリップオンストロボ 首振り硬い

    Godox(ゴドックス)のクリップオンストロボ首振り硬すぎる問題

  6. 椿の写真

    【解説編前半】とりあえず「プロっぽい写真」が撮りたい!!【初心者向け写…

  7. 雪の中のセルフポートレート

    雪セルフポートレート撮影のコツ 

  8. オフカメラライティングの説明小サイズ

    クリップオンストロボ1灯あれば大丈夫。ラジオスレーブ無しでオフカメララ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP