椿の写真

【You Tube連動企画】初心者向け写真講座 とりあえず「プロっぽい」写真が撮りたい!!

※この記事は2019年2月1日のものです。

簡単に「プロっぽい写真」を撮ってみよう!!

突然ですがYouTubeをはじめました!この記事は下記動画の関連記事(同じ内容)です。よかったら動画を先に見てください。

 

第1回目の動画は、とりあえず「プロっぽい写真が撮りたい」シリーズ第1弾です。

カメラを買ったけど、いまいちうまく撮れないと思っている方で、こんな風なプロっぽい写真を撮りたいと思っていませんか?

椿の写真
 

実は案外簡単に撮れるんですよ。

初めにお断りいたしますが、この記事ははカメラ初心者の方むけのものです。上の様な写真が撮りたいな、今のところ同じ様な写真は撮れないな、という方が対象です。

カメラを買ったけど、なんかうまく撮れないな、面白くないな、写真=難しい、自分にはセンスがないから撮れないと思い込んでしまってカメラを家からなかなか持ち出さなくなってしまっている、という話を私の周りでもよくお聞きします。もったいないんですよね!

でもお気持ちは良く分かります。勿論わたしも、カメラはじめたばかりのころは思うように撮れなくて今ほど、撮影が楽しいとは感じていませんでした。

ある程度撮れる様になってきて、「うわ、なんかプロみたいなの撮れた」という成功体験を経験すると、写真に対してのめり込んでいって、楽しくなっていくし、自然に色々知りたくなって知識も増えていきます。

なので、とりあえずこの動画をみて(もしくは記事を読んで頂いて)私の言った事をそのまま実践してみてください。たぶんわりと簡単に作例の様な写真が撮れると思います。そして成功体験を存分に味わいましょう。これがこの動画(記事)のポイントです。

 

なので、この動画では、難しい用語等等もなるべく使用しないで、分かり易く説明したいと思います。

前置きが長くなりましたが、今回のお話です。

今回の作例の主役は椿ですが、別に椿じゃなくても大丈夫です。人物でも、食べ物でも何でもよいです。

 

よくお花等の写真を撮りに入って「きれいだなぁ」と思って1枚とったら、こんな感じの写真になったて体験ないですか?

椿の写真
 

何か、いまいちですよね?この作例は「失敗の作例」とします。初めに見ていただいたこの写真を「成功の作例」とします。

椿の写真
 

では、「失敗の作例」を撮っていた人が「成功の作例」を撮れる様になる為の7つのポイントをお話させて頂きます。

7つのポイント

①逆光で撮る事

②主役を1つにしぼる

③背景を主役から離れた所に配置する

④レンズを望遠側で撮る

⑤主役になるべく近づいてとる

⑥主役を画面の中心からずらす

⑦絞り(F値)を一番小さい数値で撮る

 

写真の向きは縦でも、横でもどちらでも結構です。自分がいいなと思った向きの写真を撮っていただいて問題ございません。

以上です。このままそれぞれのポイントの解説をしても良いのですが、記事がだらだらと長くなりそうですし、もしかしたらこのポイントだけ読んで「あ、そうか」となる方もいらっしゃるかもしれませんので1回しめます。

 

次回の記事で詳細の解説をしていきます。

 

※このブログにもこの動画と同じ内容をです。もしこの動画を見て写真を撮りに行こうとなった方がいたとして、その方が撮影現場で、ポイントなんだったっけ?となったら、

このブログをスマホで見てみて確認して頂ければと思います。

 

もし、この記事が役に立ったと思っていただけたら、周りの写真友達の方にこの記事や動画の事を教えていただけたら嬉しいです。

みんなで写真ライフをたのしみましょう!!

では、また、次の記事(解説編)でお会いしましょう。

RYO PHOTO 山口でした。

関連記事

  1. 星空セルフポートレートの写真

    星空セルフポートレート撮影のコツ

  2. 紅葉背景の親子の写真

    セルフ写真撮影のコツ 〜子供と二人編〜

  3. ブログ用人物写真

    人物写真をかんたんにレベルアップ!!「キャッチライト」の正体をつかもう…

  4. 三脚紹介の写真

    三脚の購入検討時の参考に!!三脚の種類と特徴の解説 

  5. 椿の写真

    【解説編・後半】Youtube連動企画・とりあえず「プロっぽい写真」が…

  6. 全身写真 表紙

    【スマホ写真講座】全身写真編

  7. ブログ用若葉の写真

    カメラを買ったばかりで、何をどうしたら良いかさっぱり分からなくても、「…

  8. 雪の中のセルフポートレート

    雪セルフポートレート撮影のコツ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP