ソフトボックスのレビューの写真

格安ソフトボックス NEEWER(ニューワー)の60cm×60cmソフトボックスの商品レビュー

はじめに

今回は機材レビューです。

ご紹介させてもらう商品は「NEEWER(ニューワー)という中国メーカー製の60cm×60cmソフトボックス」です

「今、ソフトボックスを購入しようと思っているけど、いろんなメーカーから出ているのでどれを購入したら良いか迷っている」という方、いらっしゃったら是非この記事を読んでみて下さい。

 

この記事をかいている現在アマゾンで¥3,199-です。多分このタイプのソフトボックスで最安じゃないでしょうか?

結果からお話しすると、十分すぎる程使えます。コスパ最高のソストボッックスだと思います。

同じタイプのソフトボックスのもっと高級なメーカーの製品をみさせてもらった時も違いはさっぱりわかりませんでした。

全然この商品で良いと思います。

 

内容物

内容物をみてみましょう。

まず収納するためのバッグ、

バッグの中には、メインデュフューザー、インナーデュフューザー、ソフトボックス本体、ソフトボックス本体を収納するバッグ、S型ブラケットが入っています。

ソフトボックス本体は、ケースから出すとこの様に折りたたんだ状態で入っています。

広げるとこんな形になります。ばねの力で勢い良く開くのではじめて開くときは要注意です。

さらに開くと

見なれたこの形になります。

組み立て

まず、ライトスタンドにS型ブラケットをセットします。

そこにソフトボックスの本体を広げてはめ込みます。挟み込むといった方が良いかもしれません。

つぎはインナーデュフューザーを取り付けていきます。

今の状態で正面からみるとこんな感じです。

内側の4箇所にゴムのわっかが付いているので、

そこにインナーデュフューザーのフックを引っ掛けます。私は時々インナーデュフューザーの取り外しをするので、間にクリップを挟んで、取り外しを楽にしています。

四箇所のフックを取り付けたら、インナーデュフューザーの取り付けは完了です。

最後にメインデュフューザーの取り付けですが、これは外側のマジックテープで取り付けるだけです。

これで完成です!!とっても簡単です。

 

かたづけ

片付けは組み立てを逆にするだけです。

インナーデュフューザーはつけたままでソフトボックスを折りたたむことが出来るのですが、私は故障するのが怖いので(ゴムが外れる等)、2箇所だけフックを外して、ゴムが伸びない状態にしてからおりたたんでいます。

そしてソフトボックスの折りたたみ方ですが、初めての方は少しとまどうかもしれません。

レフ板なんかと同じ要領なのですが、ひねりながら、折りたたみます。

 

 

 

まとめ

このソフトボックスは光の質もやわらかく、全く問題ないですし、私は購入して仕事で2年以上たっています。もちろん仕事でバンバン使っていますが、未だに全然問題なく使用できます。ディフューザーが少し黄色く変色してきましたが、これは高級品だろうが、安かろうがディフューザーの運命なのでしょうがない事だと思います。本当におすすめのソフトボックスです。

 

今回は以上です。では、また次の記事でお会いしましょう。

ちなみに今回の内容もyoutubeにもアップしていますので、よかったらご覧になって下さい。

福岡の出張撮影は「RYO PHOTO」まで!!

https://ryophoto.com

 

関連記事

  1. 全身写真 表紙

    【スマホ写真講座】全身写真編

  2. ブログ用のライトスタンドの写真

    「ライトスタンド風ですぐ倒れる問題」 対策方法!!

  3. クリップオンストロボ 首振り硬い

    Godox(ゴドックス)のクリップオンストロボ首振り硬すぎる問題

  4. 車が走る夜の道路の写真

    スマホや、一眼カメラで「長時間露光」にチャレンジ!!

  5. 料理の成功写真

    料理写真をかんたんに「それっぽく撮る」ためのコツ!!

  6. カメラの写真

    近眼カメラマンの方に朗報!?ミラーレスカメラを使えば眼鏡が要らなくなる…

  7. 椿の写真

    【解説編前半】とりあえず「プロっぽい写真」が撮りたい!!【初心者向け写…

  8. 椿の写真

    【解説編・後半】Youtube連動企画・とりあえず「プロっぽい写真」が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP